北田辺教会の歴史

北田辺教会は120年の歴史を持つ、伝統ある教会です。

■   ■    ■

1887年  ガンバーランド長老教会の宣教師バンホーン師により大阪市西区安治川に安治川講義所が開設されました

1909年  第32回難波中会において、伝道教会として認可され、伝道教会設立式が行われ、安治川伝道教会となりました。

1941年  第64回難波中会において、教会建設願が承認され、教会建設式が行われ、安治川教会となりました。

1942年  宗教団体法の名の下、日本基督教会は日本基督教団に加盟し、日本基督教団の一員となりました。

1943年  安治川教会は大阪西教会と合併、二つのグループは大阪西教会の名の下に一つとなりました。

1951年  教団から離脱を決議、新基本基督教会に加盟、新日本基督教会近畿中会創立総会が行われました。

1952年  大阪西教会との合併を解消し、安治川教会に属するグループ28名で再出発し、東住吉区山坂に集会所を持ちました。分離独立し、再度伝道教会となりました。

1956年  東住吉区西今川に礼拝堂を建設しました。再度独立教会となり、北田辺教会と改称しました。

1983年  東住吉区駒川に移転、礼拝堂を建築し、現在に至ります。

※毎年6月1日(土)は北田辺教会の創立記念日です

history